カリセッチ×デ×テントウ



HUNTER×HUNTER 風タイトルにしてみた


特別な意図は無い



電池式電源 

回路通電確認だけではなく

LEDの仮設置で光らせた時の見え方

設置位置の考慮にも使える♪



とりあえず色々位置をずらしてみた
画像


どうやらこの位置で点灯させるのがバイク全体を際立てそうだ


ただ、乗車中はあまり目立たないだろう







現状、少ないLED数の設置なので必要とは思わないがリレーをやってみようと思う

コレで上手く行けば、今後の新しい電源はバッテリーから直で取れる事になる
画像


で、考えた配線図(回路)は正しいのだろうか?






にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ行く
にほんブログ村 初心者ライダーへ行く


にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ行く
にほんブログ村 国産アメリカンへ行く


にほんブログ村 バイクブログ アメリカンへ
にほんブログ村




この記事へのコメント

Akira
2011年12月12日 11:35
このぼや~っと浮かび上がる光が
幻想的です(^^)
これくらいの方がおしゃれですね。

配線図を見て中学校の
技術の授業を思い出しました。
2011年12月12日 21:53
基本的に人と同じっていうのがイヤな性格な上に、頭の中はファンタジー思考なのでカッコいいより幻想的な方が好きなんでこんな感じのカスタムになってます。
とは言っても、お財布の中身と要相談なんで中々カスタム進みませんけどねw

学校の授業で電気の配線図(配電図)は乾電池で豆電球を明るく灯すには?的な事を勉強したような気がしますが、内容覚えてませんw
親父
2011年12月12日 22:42
街灯が一つもないようなところで見たらLEDの光がラインに沿って浮かび上がってきれいそうですね。

回路のことなんですけど基本的にはだいたいの回路は並列で組まれてるはずなのでマイナス線につないでも平気だと思いますが、メーターのマイナス線がバッテリの接地端子(マイナス)についてるか確認したほうがいいかと思います。
親父
2011年12月12日 23:18
訂正です。
たぶんバッテリの接地端子に持っていかなくても平気だと思います。
たしか接地端子は電流を逃がすだけなのでバッテリとACC両方のプラス線が繋がっていなければLEDにかかる電圧はバッテリ側のもので、ACC電源というのが勉強不足でわからないのですがバッテリとACCが最終的にあるかはわかりませんが車体のアース的な物につながっていれば問題ないと思います。
2011年12月13日 20:29
>親父さん
色々調べていただいた様でありがとうございます。
走行中このラインが見える位置は真横から見た時しか視界に入りませんので、ほぼ気がつかれないと思います。
100%自己満足ですね

何箇所かボディーアース試して見たしたが、塗装の関係が安定した点灯が得られませんでした。

この記事へのトラックバック