これぞ 避暑地 前編




場所、日原

東京都最大の鍾乳石(石灰岩)の洞窟 日原鍾乳洞

奥多摩駅~日原鍾乳洞までの気温が都内とは違い29℃程度

ちなみに地元の東京練馬は38℃強 数年ぶりの38℃越えだったようだ


都内~奥多摩駅周囲にニョキニョキっと夏のが湧いている

奥多摩駅⇒日原鍾乳洞への道は林道の様な細いが整備は出来ているので悪路ではなかった

4輪と2輪でもすれ違うのはギリギリな場所が数箇所あり

カーブでブラインドになっている先に対向車とはちあわせするので

スピード上げての走行はかなり危険



日原鍾乳洞付近に来たら、100m位上空に雲がかかっていた(霧かも)

洞窟への入場券を買っている時 大粒の水がポッチャっと落ちて来た

思いっきり降られる前に洞窟へイン!!




皆考えることは一緒のようで意外と人が多い

画像



洞窟内部から空気が噴き出してきている

画像

10℃の冷気と外気温29℃の空気が混じり霧が発生



ここは年間通して気温10~11℃

冷蔵庫の中にいるような温度

天然の冷蔵庫と言った所だろう

涼しいを通りこして寒い!!


画像

まるであの世の入口が開いたよう・・・

画像

入口から奥へと続く不気味な通路

奥から吹いてくる冷たい風が凄い・・・

天井から滴り落ちる水滴にヒヤリ・・・

涼しいではなく本気で寒い・・・

カキ氷の早食いをした時のような キーンと頭が痛くなった

画像

通路を抜けていくと「まさに」というような小川に出た

奥の方の岩が水面に写りこんでいる


ここを越えたらあの世ですと真面目に言われても納得しちゃいそうな

そんな雰囲気の場所だった


入場者数が少なければ・・・



後編へ つづく


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村

クリックしたら涼しくなるかも?










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック