原付を売る!!

約1年間、通勤の友として雨の日も風の日も雪の日も嵐の日も一緒に通勤していたVox(ボックス)

ドラッグスター400の登場により親友の座を奪われ隠居生活になっていたVoxに

新しいオーナーが見つかり名義変更することになった。

まだまだ現役で頑張れるVoxを雨ざらしのまま放置ではもったいなく思い売る決意を決めたのだ。




ちなみに初2輪だったVoxの初譲渡なので手続きなど勝手がイマイチわからず。

明日、役所で廃車手続きに行ってくる!

廃車手続きが済んだら、綺麗にシャンプー&バリアスコートでピッカピカにしてやるぞー

新オーナーに廃車証と譲渡証と常にバイクに搭載している書類一式を受け渡したらコチラの手続きは終了

新オーナーの登録が済めば晴れて引き渡しの予定(廃車登録したらナンバープレートないから移動できないと思われるので。)





初めは、中古バイク屋に売りに出そうと考え何店舗か査定に行って来ていた。
希望金額は5万以上。

一番高い所で4万安いところで0円引き取り(どこの店舗とかは言いません)

なんで中古屋に売るのを辞めたかと言うと、店員の態度がムカついたから。その内容を抜粋しよう。


以下( )内は心の声

店員1「走行距離約6000キロ 新車で買って約1年落ちなので2万で買い取りますよ~」

店員2「手続きとかすごく面倒だし、その手続きも店で全部やるし妥当な値段だとおもうけど?」
なぜかタメ口。どこで査定してもこのフレーズ言われる。

のぶ「手続き面倒とか行ってるけど、売る側はナンバーと書類と印鑑役所にいくだけじゃないの?」買う側が若干手間かかるくらい。

店員1「よく知ってますね。う~~ん、じゃぁ3万にします」

のぶ「3万くらいにしかならないなら違う店行ってみるからいいや~」
初めに言った額の3倍くらいは本当はいけるんじゃないかと踏み値段交渉開始。

店員1「ちょっと待ってください。上の者と掛け合ってきます。」
っと店内の事務所らしき場所へ行った。

店員2「今寒くて売れ行きが悪いからさ、買取額も何所も低いんだよ」
っと相変わらずタメ口。他にもベラベラしゃべってたが、イラっとしてほとんど聞いてなかった。

店員1「おまたせしました。申し訳ありませんが3万が限界っと言われました」っとの事。

のぶ「そうですかぁ・・・すいませんが、やっぱり売るのもう一度考えて来ます。」
っと再び帰ろうとうしてヘルメットを装着 (ここで引き止めるならまだいけるかな?

店員2「今売らないと、もうちょっと時期遅れたらさぁ逆に引き取り料請求されるからさぁ」

っと3万で売らないと損するよ発言されつつ

原付に跨り、あまりにイラっとしたので終始タメ口の店員2クレームを言い逃げそてやろうと思ったが

店員1は謝罪しつつ「買取価格4万にしますので~~~」といって来た。
 
のぶ「は?」その値上げは一体何なんだろうっと考えつつ

4万発言には無視をし店から去った。

ちなみに現在、友人に5万で売る事になった。


にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
ランキング用クリックお願いします。

1/22 18:20一部編集

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック